Lyrics Romaji Tatoe Tatoe - Ryokuoushoku Shakai

Lirik, paroles, kashi, letra, lyrics romaji Tatoe Tatoe - Ryokuoushoku Shakai.


Title: Tatoe Tatoe
By: Ryokuoushoku Shakai
Released: 19 Maret 2021
Lyrics: Kobayashi Ichi Chikai
Composition: peppe

Lyrics Romaji

Tatoe tatoe
Harisakeru hodo no koe ga kaze ni nagarete mo
Itsuka koko kara kimi ni todoke to
Nan do demo ēru o

Rakuna koto bakari erande
Umaku yareteta hibi wa
Hitome ni tsukazu ni
Atatameta isu de
Bonyari yume o mita

Kun no hito shirenai hibi wa
Watashi no sore to wa chigatte
Iburi yadoshita soburi ga
Kokoro no kage o karuku kasumeta

Tatoe tatoe
Harisakeru hodo no koe ga kaze ni nagarete mo
Itsuka koko kara kimi ni todoke to ima o sakebuyo
Fuwari michi ni mayoeru watage no yō ni
Sono mi o makasete
Wazuka dake demo kimi ni todoke to
Saigo made ēru o

Tsurai koto zenbu nagedashite
Yubisaki o hanarete mo
Kun o mikakeruto
Kun ga shiranu ma ni
Uchikaesareteita

Odoru hito hira no tayori ga
Mune no poketto ni shizunda
Chiriyuku toki wa utsukushiku
Kokoro o toraete
Kunnaraba kanauyo to
Omoikiri īkiritaikedo
Kunnaraba atau kagiri
Yarinokeru hazudakara

Kore wa tatoeba no hanashi
Ni nin kiri de kimi to atte
Watashi kara ieru koto wa
"Arigatō" dakeda

Nanoni
Hanareta basho de nagameteiruto
"Faito" tte koboreta
Wazuka dake demo kimi ni todoke to
Tsuyoku kobosu yo

Marude marude
Jibun no koto no yōdeatte
Jibun ijō no kotodana
Sonna kimi ni moraeta kimochi o kimi ni mukeruyo
Tatoe tatoe

Harisakeru hodo no koe ga kaze ni kesarete mo
Dore mo kore mo ga todoiteinakute mo
Honmono no ēru o
Kokoro kara ēru o


Kanji

たとえたとえ
張り裂けるほどの声が風に流れても
いつかここから君に届けと
何度でもエールを

楽なことばかり選んで
上手くやれてた日々は
人目につかずに
あたためた椅子で
ぼんやり夢を見た

君の人知れない日々は
私のそれとは違って
燻り宿した素振りが
心の陰をかるく掠めた

たとえたとえ
張り裂けるほどの声が風に流れても
いつかここから君に届けと今を叫ぶよ
ふわり道に迷える綿毛のように
その身を任せて
僅かだけでも君に届けと
最後までエールを

辛いこと全部投げ出して
指先を離れても
君を見かけると
君が知らぬ間に
打ち返されていた

踊るひとひらの便りが
胸のポケットに沈んだ
散りゆく時は美しく
心を捉えて
君ならば叶うよと
思い切り言い切りたいけど
君ならばあたう限り
やりのける筈だから

これは例えばの話
二人きりで君と会って
私から言えることは
「ありがとう」だけだ

なのに
離れた場所で眺めていると
「ファイト」って溢(こぼ)れた
僅かだけでも君に届けと
強く溢(こぼ)すよ

まるでまるで
自分のことのようであって
自分以上のことだな
そんな君に貰えた気持ちを君に向けるよ
たとえたとえ

張り裂けるほどの声が風に消されても
どれもこれもが届いていなくても
本物のエールを
心からエールを